姿勢のための  
体幹トレーニング
専門スクール

セルフケアとエクササイズで
  体幹から姿勢を作る
姿勢専門の本格スクール

Bodyline Schoolのロゴ

  • Facebook
  • Instagram
  • メール

突然ですが、
こんな悩みはありませんか?

悩む女性

☑︎猫背みたいに姿勢の悪さが気になる
☑︎肩こり、腰痛、頭痛、生理痛がつらい
☑︎身体が硬くて動きにくい
☑︎足のむくみが気になる

☑︎手足の冷えが気になる
☑︎寝ても疲れが取れない
☑︎集中力がない
☑︎いつもストレスがたまってイライラする

☑︎仕事のパフォーマンスをあげたい
☑︎身体の見た目をキレイにしたい

そんな悩みはBodyline Schoolで解決!
姿勢は筋肉や骨などの身体だけでなく、
メンタル面も大きく関わっています。

例えば、猫背になると、
背中や肩周りの筋肉が張ってきて
肩こりや腰痛につながるのはもちろん、
気持ちも落ち込みやすくなります。

姿勢を良くすることが
あなたの悩みの解決のきっかけになり、
それは身体の構造を熟知した
当スクールがお伝えできることです。

姿勢の種類、
知っていますか?

Bodyline School
ってなに?

Bodyline Schoolは、
姿勢のための体幹トレーニング専門
のスクールです。
見た目が綺麗な姿勢はもちろん、
さらに“動ける”姿勢です。

人は皆、何かしらの活動をするために
動いています。
仕事、スポーツ、趣味、家事、育児、、
どんな活動でも身体を動かします。

その身体を動かす基本が姿勢であり、
今まで誰からも教えてもらえなかった
姿勢の本当のあり方を
体幹から作っていくスクールです。

悩みを解決する姿勢を
作りたい方はこちら

Bodyline Schoolの
体幹トレーニング

[体幹=お腹周り]
ではない!


『体幹』と聞くと、
お腹周りの、いわゆるインナーマッスル
を思い浮かべる方が多いと思います。

もちろん、その通りで
間違いではありません。

しかし、当スクールでの『体幹』は、
お腹周りを含む、全身のインナーマッスルを繋げた、まさに身体の幹(Bodyline)
を指します。

お腹周りのインナーマッスルだけを使えるようになっても、姿勢は整えきれないし、持続する時間も短いです。

また、単にお腹周りを鍛えようと思っていても、いつの間にか余計な力が入ってしまってインナーマッスルを鍛えることができず、身体を痛めてしまうこともあります。

今まで知っていたものとは違う、新しい体幹トレーニングを身体で感じてみてください。

特徴
人の身体

1.動くことを考えた姿勢

良い姿勢とは、見た目だけでなく動ける姿勢であることです。
見た目だけが良い姿勢は、実は動きにくい筋肉を使っていることが多いです。
動ける姿勢は、効率的に身体を使える筋肉を使うことが不可欠です。
見た目が良いかつ動ける姿勢のために構成したトレーニングをぜひ体感してください。

2.体軸理論を基にした指導

運動科学総合研究所の高岡英夫氏が提唱した体軸(センター)という概念をさらに学術体系化した体軸理論というものがあります。(高橋龍三氏提唱)
体軸理論は、全身のインナーマッスルを効率的に使うことを理論化したものです。
その理論によって生み出された『クロスポイント』という複数の筋肉の交差点を使ったエクササイズにより、インナーマッスルが働いて姿勢が整います。
当スクールは、この体軸理論に精通したインストラクター(JCMA認定 体軸セラピスト)が指導にあたっています。

Bodyline Schoolのメソッドは、高橋龍三氏が代表を務める『体軸コンディショニングスクール』にあります。
詳細はこちらから:https://metaaxis.co.jp
体軸理論の導入を学びたい方はこちら:https://www.taijikuwotaikan.com/
体軸理論とクロスポイント
スクールレッスン

3.徹底した個々への指導

当スクールの参加人数は最大10名です。
集団でのスクールであれば20名以上というのもよくあります。
しかし、姿勢は十人十色であり、繊細な身体には個別に細かい指導や対応が必須です。
「参加したけど人が多すぎて詳しく分からなかった、、、」
そんなスクールにはしたくありません。

そのため、私たちは個別への指導や対応に力を入れており、一人一人が身体の変化を確実に体感できるよう少人数制でスクールを開催しています。

4.2つのコースから選べる

当スクールでは、ボディケアコースとピラティスコースの2つのコースで構成しています。
それぞれ、セルフケア(整える)に特化、エクササイズ(動く)に特化をしており、ご自分にあった内容を選んでいただけます。
姿勢は整っていても動きが悪いと崩れますし、動きが良くても整っていないと見た目が良いだけの姿勢になってしまいます。
どちらのコースも根本は同じであり、1つのコースだけでも十分に効果を得られますが、両方のコースを体感するとさらに効果的です。

選べる道

コース

ボディケアコース

身体を整えるエクササイズをしながら姿勢を作る基本コースです。
エクササイズ自体は一般的な体幹トレーニングよりもきつくはないですが、体幹を含む全身のインナーマッスルを使います。

また、エクササイズは自分でもできる簡単なものであり、セルフケアを学びたい方にもオススメです。

ボディケアコースの詳細はこちら

ピラティスコース

身体を鍛えながら動ける姿勢を作っていく応用コースとなります。
全身のインナーマッスルを使う理想的な身体の使い方をした上で、どうやって鍛えていくかをピラティスを応用したエクササイズから学べます。
もちろん、基本となるボディケアコースに参加していなくても参加いただけます。

ピラティスコースの詳細はこちら

ボディケア
コース

ボディケアコースの
メリット
良い姿勢
姿勢が良くなる
何よりもまずは姿勢が良くなります。
普段固まった筋肉に刺激を与えることで、姿勢を保持してくれる筋肉がしっかりと働く環境へと導いていきます。
柔らかい身体
身体が柔らかくなる
身体のインナーマッスルという深いところにある筋肉がしっかりと働く環境をつくることで、身体をダイナミックに動かす筋肉の無駄な緊張が抜けて身体が柔らかくなります。
痛む身体
身体の不調が緩和する
腰や膝が痛い、肩が凝るといった症状があれば、身体を動かして自己管理ができることが一番大事です。
Bodyline Schoolでは自身の身体と向き合うことで、自身の身体の自己管理能力を養うことができます。
身体の不調は自分で解消できるようになりましょう。
落ち着いている
精神面が安定する
心身相関という考えがあるように、身体と心は繋がっています。
また、筋肉が固まることで血流が滞り、脳への血流も低下し、脳の活動が低下するとさらに全身の活動も低下してしまいます。
そのメンタル不調の引き金になるのが「身体を動かさないこと」なのです。
スクールでは、全身の筋肉をゆるめるエクササイズを行っていくため、次の日のメンタルは絶好調になります。
気持ちがいい身体
セルフケアができる
ボディケアコースでは、スクールに通って終わりではなく、普段の生活で不調を感じたときに自分で対策ができる『セルフケア』を習得できます。
『セルフケア』で大切なことは、自分の身体を知ること、変化に気づけること、そして優しい手で身体を触ってあげることです。
身体を知り、変化に気づいて、優しい手で触ってあげる、その方法を全て学べるため、身体の不調に困ることは少なくなります。
落ち着いている
精神面が安定する
心身相関という考えがあるように、身体と心は繋がっています。
また、筋肉が固まることで血流が滞り、脳への血流も低下し、脳の活動が低下するとさらに全身の活動も低下してしまいます。
そのメンタル不調の引き金になるのが「身体を動かさないこと」なのです。
スクールでは、全身の筋肉をゆるめるエクササイズを行っていくため、次の日のメンタルは絶好調になります。
コース内容
開催スケジュール
ボディケアコース日程

奥能登スクール


28日(日) 9:30〜11:30
瑞穂公民館
〒927-0311 石川県鳳珠郡能登町字瑞穂10-166

*奥能登スクールは2ヶ月に1回の頻度で開催しております。
*申込先は通常開催の他のスクールとは違うためご注意ください。
*奥能登スクールの申し込みは下記のリンクFacebookのイベントページから申し込みください。

奥能登スクールの申し込みはこちらから

料金

各スクール会場3,000円/回(初めての方対象、初回体験価格1,000円/回)

ピラティス
コース

ピラティスで最も重要とされるのが『身体の支点』です。

『身体の支点』とは、『身体が動くための中心』とも言えます。

つまり、身体の支点が増えるということは、身体が動く中心が増えるということであり、身体がより動きやすい状態に変わります

ピラティスが好きな方、ボディケアコースからワンランク上の身体の使い方を学びたい方はもちろん、ピラティスもBodyline Schoolも初めてという方でも参加できる構成となっています。
ピラティスコースの
メリット
身体の支点
身体が動く中心が増える
ピラティスで最も重要とされる『身体の支点』は、身体が動くための中心です。
身体の支点が少ないと、動くときの身体の負担が一部に集中し、痛めたり疲れが出やすくなったりします。
身体の支点が多くなるほど、動きが滑らかになり、痛みや疲れもなく、パフォーマンスが上がります。
当スクールのピラティスコースでは、インナーマッスルを効率的に働かせるために必要なクロスポイントと呼ばれる筋肉の交差点を支点とした身体の使い方を学習します。
一般的なピラティスでは教わらない、効率的な動きを鍛えながら学べます。
インナーマッスル
全身のインナーマッスルを鍛える
一般的なピラティスでは、きついと感じたり、辛くて身体を痛めてしまうということが少なからずあります。
その理由は、エクササイズで使う筋肉がアウターマッスルだからです。
アウターマッスルとは、身体の外側に付く大きい筋肉であり、大きいからこそ関節への負担も大きいのです。
当スクールのエクササイズでは、クロスポイントを使った指導をします。

クロスポイントは複数の筋肉の交差点であり、そこを刺激することで全身のインナーマッスルを効率的に働かせることができます。
クロスポイントを使うことで、同じエクササイズでもその動く感覚は全く異なります。
身体を痛めず、またきついだけで終わらない、本当の意味でのインナーマッスルを鍛えるエクササイズを体感できます。
綺麗なBodyline
綺麗なBodylineになれる
首がシュッとして肩も滑らかなラインになりたい、綺麗なくびれが欲しい、スラッとした足になりたい。
これらを手に入れるためには共通の条件があります。
それは、それぞれの部位のインナーマッスルをしっかりと鍛えることです。
そして、それぞれの部位に必要なインナーマッスルは、筋肉同士で繋がりがあり関係性が深いのです。
インナーマッスルをしっかりと鍛えること、かつ筋肉同士の繋がりを理解していないと、綺麗なBodylineは手に入れられません。
その両方を兼ね揃えた、綺麗なBodylineを手に入れるためのコースがこのピラティスコースになります。

優勝カップ
スポーツのパフォーマンスUP
スポーツのパフォーマンスアップに必要なことは、身体の負担を最小限にしつつ、身体を自由に動かすことができることです。
負担を最小限にしつつ、自由に動かすためには、最小限の力(筋肉)で動くことが求められます
つまり、身体の支点を増やして負担を減らしつつ、その支点を繋げてより自由に動くということです。
この動き方を学習するためのエクササイズが、Bodyline Schoolのピラティスエクササイズなのです。
優勝カップ
脳も鍛えて精神面も整う
人の身体は神経で脳と筋肉が繋がっており、脳からの命令で筋肉が動きます。
これを、ピラティスでは本来使いたい筋肉を意識することで、筋肉の動きから脳の学習をさせることができます。
つまり、ピラティスは、筋肉を自分の意思でコントロールしながらエクササイズをすることで、身体から脳を鍛えていき、さらに鍛えられた脳によって、よりコントロールされた動きが可能になるのです。
常に全身をコントロールしながらエクササイズを行うことで、脳と身体の相乗効果が得られます。
優勝カップ
スポーツのパフォーマンスUP
スポーツのパフォーマンスアップに必要なことは、身体の負担を最小限にしつつ、身体を自由に動かすことができることです。
負担を最小限にしつつ、自由に動かすためには、最小限の力(筋肉)で動くことが求められます
つまり、身体の支点を増やして負担を減らしつつ、その支点を繋げてより自由に動くということです。
この動き方を学習するためのエクササイズが、Bodyline Schoolのピラティスエクササイズなのです。
コース内容
開催スケジュール
ピラティスコース日程
料金

各会場3,000円/回

インストラクター紹介

吉田哲也
吉田 哲也
(よしだ てつや)
【代表】
<担当スクール>
金沢スクール
白山スクール
ピラティス金沢
<資格>
体軸セラピスト
体軸ピラティス
理学療法士
<得意分野>
働く身体をデザインする

Facebookアカウント
ブログはこちら
山崎仁史
山崎 仁史
(やまざき ひとし)
【アドバイザー】
<資格>
体軸セラピスト
ヨガインストラクター
心理セラピスト
メンタルコーチ
理学療法士
<得意分野>
こどもの運動能力を根っこから変える

Facebookアカウント
ブログはこちら
梅田拓弥
梅田 拓弥
(うめだ たくや)
【福井スクール長】
<担当スクール>
福井スクール
<資格>
体軸セラピスト
アレルギーセラピスト
作業療法士
<得意分野>
アレルギー関連の運動指導

Facebookアカウント
福谷優介
福谷 優介
(ふくたに ゆうすけ)
【ピラティス長】
<担当スクール>
ピラティス福井
<資格>
体軸セラピスト
体軸ピラティス
理学療法士
<得意分野>
スポーツ分野の身体作り

Facebookアカウント
長谷尚樹
長谷 尚樹
(はせ なおき)
【越前スクール長】
<担当スクール>
越前スクール
<資格>
体軸セラピスト
ヨガインストラクター
体軸ピラティス
理学療法士
<得意分野>
セロトニン活性化の身体作り

Facebookアカウント
当スクールでは、医療系国家資格を持ち、なおかつ日本設定医療協会(JCMA)より「体軸セラピスト」の認定を受けているインストラクターが指導にあたっております。
身体の長引く不調などに関して、会場にて相談も受けております。
お気軽にご相談ください。
体軸セラピストの指導を受けてみたい方はこちら
刻印

イベント企画
出張予定

企画中

次回のイベントが決まり次第
ご連絡いたします

━━━━━━━━━━━
過去のイベント
━━━━━━━━━━━

<2018/01/21(日) >
@福井
50名満員御礼!


<2018/09/25(火)>
@丸岡
平日特別コース!



━━━━━━━━━━━
過去の出張
━━━━━━━━━━━
<2018/05/13(日)>
@奥能登

出張スクールも承っております!

・参加したいけど遠くてなかなか行けない…
・私の地元でも開催してほしい!
・会社の離職率を減らすために腰痛予防の効果的な運動指導をしてもらいたい
・スポーツチームでのコンディションニングにBodyline Schoolの内容を取り入れたい

などなど、北陸圏内はもちろん、
日本国内であればどこでも
依頼を受けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
講師陣が全力であなたや
あなたの周りの大切な方の
身体づくりをサポート致します。

*出張スクール依頼はこちらから*

健康経営もサポートします!

近年、従業員の健康を守ることで、単に医療費の削減だけではなく、生産性の向上、従業員の創造性の向上が期待できるという健康経営®️の必要性が問われています。

実際に健康経営の一つとして、企業研修や従業員の健康増進に寄与した講習会なども予算に応じて開催しております。
お気軽にお問い合わせください。


※健康経営®️は健康経営研究会の登録商標です。
健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。
従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要です。
従業員の健康管理者は経営者であり、その指導力の下、健康管理を組織戦略に則って展開することがこれからの企業経営にとってますます重要になっていくものと考えられます。
(特定非営利活動法人 健康経営研究会より引用)

企業研修のお問い合わせはこちら

よくある質問

Q
どんなことをするの?
A
ボディケアコースでは主にセルフケアから身体を整える方法をお伝えしています。
身体を整えるというとわかりにくいかもしれませんが、自分の身体を知ること、身体が楽になる理由、そして不調の部位を優しく触る手を持つことです。
ストレッチ、瞑想、呼吸、運動指導が具体的な内容の一部です。

ピラティスコースでは主にエクササイズから身体を鍛えるコースです。
エクササイズは一般的なピラティスと同じものです。
ただ唯一違うことは、エクササイズの意識の向け方です。
意識一つで動きの質が変わり、動くことが楽しくなるコースとなっています。


Q
内容についていけるか心配…
A
どちらのコースも1回完結の構成で、その内容も初めてでもわかりやすいようになっています。

初めての参加者も安心して参加できますが、もし運動が苦手だという方は、体験価格も設定しているボディケアコースから参加されることをオススメします。
Q
参加したいが日程や場所が合わない…
A
どのスクール会場も基本的には平日夜に開催しています。
もしどうしても時間の都合がつかない、距離が遠くて参加できないということがあれば、出張スクールも設けていますので、そちらから問い合わせてください。
出張スクール問い合わせはこちら
Q
ピラティスって何?
A
ジョセフ・F・ピラティス氏が自身の病気を克服するために、さまざまなスポーツやトレーニングを行い、そこに西洋と東洋の医学の考えを組み込んだ『コントロロジー』という身体訓練法です。

今ではイメージだけで筋トレというような印象を持つ人がいますが、本来のピラティスは身体・頭・精神の完全な調和を目指すものとピラティス氏は言っています。

人の身体は神経で脳と筋肉が繋がっており、脳からの命令で筋肉が動きます。
しかし、それでは無意識の動きであり、良くない身体の使い方がクセになるといつまで経っても身体の不調は癒えません。
これを、ピラティスで本来使いたい筋肉を意識することで、筋肉の動きから脳の学習をさせることができます。

つまり、ピラティスは、筋肉を自分の意思でコントロールしながらエクササイズをすることで、身体から脳を鍛えていき、さらに鍛えられた脳によって、よりコントロールされた動きが可能になるのです。


常に全身をコントロールしながらエクササイズを行うことで、脳と身体の相乗効果が得られます。

筋肉だけでなく、脳(精神面)のトレーニングにもなるエクササイズがピラティスです。


Q
ピラティスはやったことあるけど辛かった…
やってみたいけどきつそう…
A

今までピラティスを経験した人の中には、あまり良くない印象を受けた人が多々います。
その理由とは大きく分けて以下の2つです。

1、内容がかなりきつく、頑張ってやっていたのに腰や肩を痛めた

2、かなり細かい姿勢の取り方を指導され、一つ一つの動きが硬くなってしまった

この2点から感じることは、多くのピラティスの指導は、身体を硬めて使う動き方を指導しているために、動きも硬くなり辛さも増えてしまうのです。
身体を硬めながら動くということは、アウターマッスルを使って動いているということになります。

当スクールのピラティスコースは、全身のインナーマッスルが繋がるようなエクササイズをしているため、きつさや辛さは圧倒的に少ないです。
実際に他のインストラクターからも、指導の仕方の参考にされたり、参加した方々から楽しいという言葉を言ってもらえています。

Q
身体の支点って何が良いの?
A
例えば、支点が1個のものがあったとします。
これを曲げようと思うと、支点となっている1点だけが動きます。
すると、より大きく動かそうと思うと、支点が1つのため負担が大きくなり、いつか壊れてしまうでしょう。

ここで、支点が10個になるとどうなるでしょうか。
先ほどのように、身体を大きく動かそうと思うと、10個それぞれが動くことでより大きく動くにも関わらず、1つ1つの支点の負担は1/10になります。

これと同じことが身体でも起こっています。
支点が1個であればそこに負担が集中し痛めてしまう、けれども支点が10個で動けば負担は1/10になって楽に身体が動けるようになります。
支点を増やすことで、身体は今までとは比べ物にならないほど、動きやすく、かつ痛めにくい身体を作ることができます。
Q
どんなことをするの?
A
ボディケアコースでは主にセルフケアから身体を整える方法をお伝えしています。
身体を整えるというとわかりにくいかもしれませんが、自分の身体を知ること、身体が楽になる理由、そして不調の部位を優しく触る手を持つことです。
ストレッチ、瞑想、呼吸、運動指導が具体的な内容の一部です。

ピラティスコースでは主にエクササイズから身体を鍛えるコースです。
エクササイズは一般的なピラティスと同じものです。
ただ唯一違うことは、エクササイズの意識の向け方です。
意識一つで動きの質が変わり、動くことが楽しくなるコースとなっています。


コースを確認してスクールに申し込む

LINE@やっています

  • 参加申し込みが簡単!
  • 気軽に質問や相談ができる!
  • 先行情報限定情報が得られる!
  • 参加申し込みが簡単!
友だち追加